前へ
次へ

ワセリンと美容について

ワセリンとは、皮膚の表面に油分の膜を作り、角質層の水分蒸発を防ぐことができ、肌の乾燥を防いだり、皮膚の保護をする働きを持つ石油から作られる炭化水素類の混合物を脱色して精製したものです。鎮痛や消炎のような軟膏剤や化粧クリームなどの基剤として使われるます。炎症を抑えたり、虫さされやニキビ治療、靴擦れや傷の保護、花粉症対策などのほか、美容の面でも使うこのできるものです。メイク下地やリップクリーム代わり、メイク落としやハンドクリームとして、かかとの角質ケアや黒ずみの解消などさまざまな使い方ができます。しかし、アレルギーなどの副作用がでる場合もあるため、その場合には使用を止めて医師などに相談することが大切です。

ワセリンでつるつるお肌

ドラッグストア等でも購入することが出来るワセリンですが、最近美容効果についても注目されています。ワセリンをつけると薄い油性の膜が出来ます。保護膜は皮膚の表面に留まり、さまざまな刺激から守ってくれます。そして、同時に角質層から水分が逃げるのを防いで、粉吹きやかゆみを抑える効果があります。とても万能で、ハンドクリームとして、リップクリームとしても使用出来るほか、ささくれやひび割れにも改善効果が見られます。乾燥肌であればお肌全体にはセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合された化粧水を使った上で、目元や唇などデリケートな部分にだけワセリンを塗るのも効果的です。副作用も極めて少ない安全な成分であることから、お肌に不必要な刺激を与えることもないため、まぶた等デリケートな部分にも使えるのがメリットです。

Page Top