前へ
次へ

さまざまな美容に活躍するワセリン

冬などの乾燥する季節になると肌がカサカサになってしまう人は少なくないと思います。化粧水や乳液など保湿をするものにはさまざまなものがありますが、ワセリンも乾燥肌対策に効果的といわれています。ワセリンは肌に優しいので子供からお年寄りまで使えることができ、顔や体全身に使える便利アイテムです。ワセリンは薄くのびる性質があり水分をまったく蒸発させないのでスキンケア後に塗ることでしっかりと保湿してくれます。また、まつ毛に塗ることで美容液の効果が期待できたり、傷んだ髪の毛に少し塗ることでダメージ補修効果もあります。ワセリンを塗るコツは、塗る前に水分や化粧水などで皮膚を湿らせておくことや手の平で温めておくと塗りやすいです。

ワセリンの美容効果について

ワセリンとは、石油から取り出した炭化水素を精製して作られた保湿材です。塗ることで表面に薄くて丈夫な油の膜ができることから、保湿保護剤として使用することができます。防腐剤などの添加物が含まれておらず口に入れても安全なことから、小さな子供でも使用することが可能です。顔はもちろんのこと、全身のスキンケアにも活用することができます。乾燥しがちな唇に塗ることで、潤いのあるプルプルの口元を実現することができます。また、髪の毛に少し馴染ませるだけでダメージを抑えることも可能です。年齢とともに潤いを失って粉をふきがちな踵や肘、膝のケアにも使用することができます。以上のように、ワセリンには様々な美容効果があるのです。

Page Top