前へ
次へ

ワセリンは女性の強い味方で安い

ワセリンと言えば赤ちゃんでも使えて、比較的安価で買うことが出来ます。リップクリームとして使っている人も多いと思いますが、他にも沢山の使い道があるのです。ワセリンは保湿力に優れていますから、乾燥が気になるところに塗るのがおすすめです。美容面でいうとまつげのケアやメイク、またはメイク直しに使うことも出来ます。まつげにワセリンを塗ったら、まつげが伸びてきたと感じた人もいるそうです。冬は乾燥してファンデーションが上手くのらないときには、ファンデーションに混ぜて使うのがおすすめです。またネイルをしている人は爪の周りが乾燥しやすいので、ハンドクリームとして使うのもいいと思います。美容に力を入れている人には、ぜひチェックしていただきたいアイテムです。

美容に効くワセリンの使い方

ワセリンと聞くと、人によっては「え、ボクシングの時に顔に塗るものでしょ」と思う人も中にはいるかもしれませんが、じつは保湿に使える万能で安心安全な美容グッズです。ワセリンは、薬局で簡単に手に入りますしお値段も保湿をうたっている化粧品よりかなりプチプラで買えるので、一家に一つは置いておきたいグッズの一つとも言えるでしょう。また、普段から皮膚科に通っている人であれば処方してもらうのもいいですね。さて、効果的な使い方ですが最も効果的な使い方は、保湿したい身体のパーツをきちんと温めてから使うという事ではないかと思います。そのため、最もオススメなのが入浴中です。お風呂に入って身体も洗い、シャンプーも済ませ、もう何もする事がない段階になったら、手にワセリンをたっぷりと塗ります。それからビニール袋をはめて輪ゴムで閉じてそのまま数分置くだけで、しっとりした手指が戻ります。もちろん、眠る前にたっぷりと塗って薄手の木綿手袋をはめて寝ても良いのですが即効性としっとり感はやっぱりこの方法がおすすめです。他にも、眠る前にお顔に浸透させた美容成分にフタをしてあげる目的でワセリンを薄く塗るのもオススメです。

Page Top